ヘッジハウスのガレージハウスは
すべて木造で作られています

木造純ラーメン構造ヘッジハウス

ヘッジハウスがガレージハウスを得意とするのは「構造の強さ」が理由。
   一般的に地震に弱いとされる木造住宅でもヘッジハウスの「ヘッジ構法」なら耐震性への不安を気にすることなく、お客様の希望を叶えるガレージハウスを実現できます。

ガレージのある家って
耐震性は大丈夫なの?

確かに今までの木造構法では強度を確保するため、どうしても壁に頼り、開口部を小さくする必要があります。 大開口や大空間などの自由な間取りを希望する場合は重量鉄骨を使用するのが今までの常識といえます。

しかし、ヘッジハウスなら
実現可能です

制約や不安が多く、諦めかけていた木造ガレージハウスを作れる強さには理由があります。

    強さのメカニズム1

強さのメカニズム|1

規格外の太さの柱で
とにかく強い

耐力壁を一切必要とせず柱・梁の骨組みだけで構造を作る木造純ラーメン構造。従来の木造住宅の10.5cm×10.5cmの柱とは桁違いの12cm×36cmの柱を使用しています。

  

強さのメカニズム2

強さのメカニズム|2

地震の揺れを吸収し
倒壊を防ぐ特殊金物

ヘッジ構法オリジナルの特許金物「H-edge(ヘッジ金物)」 を使用し、基礎・柱・梁の接合部を固く固定し、 高い構造強度を確保しています。 ヘッジ金物は日本建築学会が発行する木構造のバイブル本 木質構造結合部設計マニュアルに掲載されています。

   
   

    
強さのメカニズム3

強さのメカニズム|3

強い家を守るには頑丈な基礎から

ヘッジ構法は地面の中に地中梁を入れ、基礎の強度を高めています。地中梁は通常、高層ビルやマンションに採用され一般的な木造建築では使われません。


つまりヘッジハウスは
“とにかく強い”

どんな大地震でも建物を倒壊されない自信があります

様々なご希望に対応

2台・3台駐車できる広いガレージ

2台・3台駐車できる広いガレージ

3台並列駐車が楽々な程、間口が大きく開いた広いガレージでも邪魔な柱などは無用です。

出入れしやすい二方向開放

出入れしやすい二方向開放

狭小地でも角地を利用して、正面と横面側に計2台駐車でき、車庫入れもしやすいので奥様にも好評。

愛車が見られるガラス窓

愛車が見られるガラス窓

耐震性の問題から木造では難しい大きなガラス窓もそもそも耐力壁などが不要なため問題なくできます。

玄関へのガレージ内階段

玄関へのガレージ内階段

一階はすべてガレージ、二階を玄関にすれば車を降りて直接玄関へ。雨の日も快適です。

建築事例

2方向が開いた明るいガレージ

角地を活用し2面を開放。一面はシャッタ開閉、もう一面は半透明の仕切り。シャッターを閉めてももう一面から光が差し込む明るいガレージに。従来の木造では不可能な2面間口ができるのもヘッジハウスならでは。


まるでショールーム
「愛車の見える家」

愛車の色同じブルーのシャープな外見。大きなガラス窓で家の中から愛車が見える「ショールーム」のような作りは車好きなご主人の希望。リビングは中庭のような吹き抜けを作ることにより太陽の光が入る明るい空間に。


大きな間口は「ヘッジハウス」ならでは

ダイナミックな間口の広さ・天井4mのガレージが主役の平屋建て住宅。2台並列可能+カーリフト付きで空間を最大限活用した作りとなっています。さらに30帖を超える大空間リビングには薪ストーブ&天然石張り…と外側にも内側にも施主様のこだわりを取り入れました。

  • 広いガレージと夏冬快適な室内、両方叶った

    愛知県名古屋市 M様邸

    耐震性が高く、広いスパンのガレージが欲しくて色々な会社を検討した結果、 筋交いがなくても広いガレージやリビングができるヘッジハウスにお願いすることに。 実際住んでみると広いリビングでも防音・断熱・気密性が高いので冬もとても暖かい。 夢だった広いガレージと住み心地の良い空間、両方の希望が叶いました。

  • 他の住宅メーカーでは不可能でした

    愛知県阿久比町 S様

    ヘッジハウスでプランを進めて行く中で我が家の立地条件から3m盛り土をしなくてはならなくて、 どうせならその部分をインナーガレージにしようと決めました。 他社でしたら、この条件でインナーガレージは建てられなかったみたいです。 実際住んでみてインナーガレージは広さが絶対必要と実感しました。 休日は車いじりを楽しむ夫の横で子供たちも遊んでいますよ。

木造だから間取りが
制限されたりしない?

完全なラーメン構造のヘッジ構法なら耐震壁に制限されないので生活スタイルに合わせた自由なプランニングが可能です。

特別な構法のため
普通の木造より高いの?

木造ではありますが、重量鉄骨造と同じ基準で構造計算するので、強度は重量鉄骨と同等、価格は鉄骨造と比べ約20%ダウンです。

ヘッジハウスが
木造にこだわる理由は?

木は本来持つ安らぎはもちろん、断熱性・調湿性・消臭性・吸音性などの利点がたくさんあります。 精神状態を安定させるとも証明されています。

まずは資料請求 まずは資料請求 お電話でのお問い合わせはこちら 資料請求フォーム お電話でのお問い合わせはこちら 資料請求フォーム
※自動住所入力
- -
※なしの場合、ご希望の方面(市町村)・土地のご予算などをご記入ください