ヘッジ構法とは

About ”H-edge”

お問い合わせ・資料請求

新着イベント情報

ヘッジ構法の強さに迫る!

耐震壁がいらないからデザインフリー!

オリジナル特許かなもので高い耐震性を・・・

special contents

木造ビルトインガレージ

大空間リビング

自然素材の家

スケルトンインフィル二世帯住宅

Case

Voice

recruit

お問い合わせからの流れ

自分らしく毎日を楽しんで暮らす賃貸住宅GREEN WAY

名古屋市東区東大曽根町47-6
TEL.052-982-8348

会社概要アクセス代表挨拶

「超耐震」ヘッジ構法とは?

超耐震!ヘッジ構法とは?

通常の木造建築

←こちらは皆さんが良く建築現場でご覧になる、通常の木造住宅の構造です。
通常の木造では、筋交や合板など、建物の強度を高める為の耐震壁が必要です。

ヘッジ構法

こちらがH-edge(ヘッジ)構法の構造です。
ヘッジ構法はビルやマンションと同じ「ラーメン工法」を木造で実現しました。
専用の特許金物を使うことで、耐力壁を一切必要とせず、柱・梁の骨組みだけで高い耐震性能を発揮することのできる、最強の木造構法です。

ヘッジ構法

ヘッジ構法の特徴その1 どんなに大きな地震がきても倒壊しない!高層ビル・マンション、災害時の避難所と同じレベルの耐震性

ヘッジ構法は、通常、高層ビルやマンション建築において建物の安全性を確かめるのに用いられる構造計算手法(許容応力度計算)により、

その家が「地震に耐えられる作りになっているか(耐震)」「台風などの強風によって崩壊することがないか(耐風圧)」の確認を行うと共に、部材の強度から基礎・アンカーボルトに至るまで安全性を確認しています。

例えば大地震が発生した時に避難所となる建物(学校の体育館や公民館など)も同じ構造計算を行っている為、ヘッジ構法で建てた家は避難所と同等の安全性が確認された家だと言えます。

ヘッジ構法強さのポイント!

京都大学木質構造研究所(現京都大学生存圏研究所)の研究結果により、H-edge(ヘッジ)構法の構造躯体が想定外の地震でも壊れない構造躯体だと立証されました。
実際にヘッジ構法は新潟地方でも住宅の実績があり、新潟中越地震の際にもビクともしませんでした。

ヘッジ構法強さのポイント!

ポイント1 柱脚部の引き抜き

ポイント2 剛さ

ポイント3 粘り強さ

H-edge(ヘッジ)構法は大きな揺れが起きてもその揺れを吸収し、 地震の被害を最小限に抑えることが可能な「粘り強さ」を持っています。

ヘッジ構法の特徴その2 どんなに大きな地震が来ても壊れない! 大きな揺れを吸収し、被害を最小限にする粘り強さ

木造住宅の欠点、それは過負荷に対し、「木材が折れる」ということです。
これに対して鉄骨造や鉄筋コンクリート造は「折れる」という現象がなく「曲がる」ことで崩壊を防ぎます。

そう、住宅は「折れた」場合には一気に崩壊してしまいますが、「曲がる」ことで崩壊を防ぐのです。
その為壊れない家を求めている方は鉄骨造や鉄筋コンクリート造の家を検討されるのではないでしょうか?

ヘッジ構法の最大の特徴は、どんなに大きな地震の揺れがきても倒壊しないメカニズムになっているということです。

その理由として、ヘッジ構法は特許金物(ヘッジ金物)を使用します。 この特許金物が地震の揺れを逃がす役割をするため、木材に過負荷がかかりません。そのため、「木が折れる」ということがなくなります。木が折れないことで倒壊することを防ぐのです。

ヘッジ構法の特徴その2 どんなに大きな地震が来ても壊れない! 大きな揺れを吸収し、被害を最小限にする粘り強さ

ヘッジ構法は、どんなに大きな地震が来ても揺れを逃がす減震力がとても高いです。千年以上も地震に耐えてきた社寺建築の構造をヒントに開発しているので、その効果は絶大です。

特許金物で枠同士を固定し、地震の揺れを逃がしているので、ヘッジ構法の家はどんなに大きな地震がきて揺れても、実際の震度より揺れが少なく感じられます。

今現在、ヘッジ溝法の家に住んでいる方のなかに、震度4の地震の揺れに気づかなかったという報告事例があります。

「どんなに大きな地震がきても構造体は壊さない」

ヘッジ構法のこの性能は学術的にも高く評価され、2006年アメリカ・オレゴン州で開催された木質構造世界会議でも論文発表され高く評価されました。

ヘッジ構法で可能になるデザイン・設計

お問い合わせはこちら

ヘッジハウスは長寿命住宅です

よくわかる資料請求・お問い合わせ

Page top